青果の生産者

高生連では、産地に足を運び、生産者の顔が見えるところから信頼関係を築きながら仕入れています。生産者のさまざまな商品づくりへのストーリーをご紹介します。

生産者数:約40

  • 長山さん
  • 長山さん

    親父から受け継いだ農業です。気がつけば、こだわった農業が普通になっていました。日々、真面目に、真摯に作っています。消費者の方から「おいしい!」等、感謝のお手紙、連絡を頂くと励みになります。主要農産物は生姜です。土作りが大変です。でも安全性にこだわり、今日も汗を流して畑と向き合っています。

  • 三宮さん
  • 三宮さん

    消毒したものを販売することへの違和感と、自らの体調から、ついに、「子どもたちに安心して食べてもらえるのを作りたい」、そんな決意に至りました。現在、夫婦でさらに良いものを作ろうと、こだわって栽培しています。「私たちが作った作物は少し見栄えが悪いかも知れません、でも自信を持ってお勧めできる、安全でおいしい作物です」。

  • 若水会(橋詰登志子さん)
  • 若水会(橋詰登志子さん)

    若水会を束ねる橋詰さんです。農薬でご主人を亡くされたことがきっかけで、農薬を使わない作り方へ大きくシフトしました。彼女の信条は「味を良くすること、安全は当たり前です。さらに上を目指しています!」です。「私たちは心を込めて作物を作っています。そんな心が伝わる作物を、心で味わって頂ければ…」と笑顔で語ります。

  • ニラの田村さん
  • ニラの田村さん

    ニラの生産者の田村さんは、高知県佐川町で無農薬ニラを、冬場は無加温ハウス(3反)で、夏場は露地(3反)で周年栽培しています。田村さんは無農薬ニラを作り始めて、17年になります。田村さんは牛を20頭飼っており、牛糞で堆肥を作り畑に入れてニラを作るという有畜複合経営をされております。また田村さんはカヌーを持っており、よく仁淀川下りを楽しんでいます。

  • トマトの長野さん
  • トマトの長野さん

    生産者の長野さんは、高知県安芸市で低農薬でキュウリとトマトをハウス栽培されています。秋から冬はキュウリを栽培されて、春から夏にかけてトマトを栽培されています。長野さんは長年ナスを栽培されて来られました。その技術を生かしてのトマト・キュウリの2毛作栽培です。トマトは水分少なめ、キュウリはその逆です。このように圃場管理が難しい中で栽培に励まれています。

Copyright © 2015 KOUSEIREN,Ink. All Rights Reserved.