2018年4月17日

堀川さんのナス畑

堀川さんのナス畑(ハウス)を見学してきました。

 

20180412_111235_ハーフ
 
 見てのとおり、ハウス内は草むらです。時々茂り過ぎた所をナスの邪魔にならない程度に刈るそうです。

 この草むらの中には“害虫”と呼ばれる虫も居れば、それを捕食する“益虫”と呼ばれる虫も居ます。害虫とも益虫とも呼ばれない“ただの虫”もいっぱい居ます。

 

20180412_111145_ハーフ 20180412_104648_ハーフ

 

 今、高知県では天敵農法(この害虫にはこの益虫を入れてやっつける。)がどこの県より盛んです。(別紙)
 これは、農薬の代わりに虫を使うという発想で、IPM 技術(総合的害虫管理)の一つです。

 

天敵購入データ

 

 堀川さんのやり方は、自然界(虫のバランス)をハウス内にそのまま持ち込むと言う発想。害虫も益虫もただの虫もバランスをとって同居していれば、そんなに被害が出るものではない。突き詰めて言えば、“害虫”を“ただの虫”化していくやり方です。
 IBM (総合的生物多様性管理)という考え方をそのまま実践されています。 
 堀川さんはこのやり方で、農薬を使わず10月から6月まで、8ヶ月もの間ナス作りを継続します。

 昔から、『篤農家は草を見ずして草を引く、普通の農家は草を見て草を引く、堕農家は草を見ても草を引かない。』と言われるほど、農家にとって、農業にとって草は厄介者扱いで草一本生えていない田畑こそリッパな田畑という考え方でした。
 堀川さんのハウスを見学して、そろそろ草に対する考え方を変えていかねばならない 時代だと、しみじみ思ったことでした。

松林

2018年4月10日

高知ではコシヒカリの田植えが始まりました

2018年3月20日

高知ではコシヒカリの育苗が進んでいます(南国市・香南市)

2018年3月14日

コシヒカリの育苗始まりました(四万十市の福留さんの場合)

2018年3月12日

「雪ヶ峰牧場」と「ひまわり乳業 南国工場」の見学

2018年3月5日

杉本さんの菜花について

2018年2月15日

高知ではコシヒカリの種もみの浸種作業が始まりました

2017年11月27日

今年も門脇さんの田んぼがコスモス畑になりました

2017年10月11日

土佐町の源流米の稲刈りも始まりました

2017年9月18日

台風18号が高知を突っ切っていきましたが源流米の田んぼは軽い倒伏で済みました

Copyright © 2015 KOUSEIREN,Ink. All Rights Reserved.